健康と食事

熟年世代を対象に健康増進の輪を広めたい。楽しい生活の要は食事とその内容・量です。
健康と食事 TOP  >  スポンサー広告 >  若さと健康を保つ >  長寿への体つくり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

長寿への体つくり

100歳まで動ける体つくり
1.良質のたんぱく質と抗酸化食材を食べる
  良質のたんぱく質には牛もも肉、マグロの赤身などで、70歳で体重kg当り1gが適量と言われています。老化は  体細胞の酸化サビが原因で、酸化を防ぐ抗酸化作用のある、りんご、バナナ、ミカンなどビタミンA,C,Eを多
  く含む食品を多く取る必要がある。
2.納豆・魚・野菜をたっぷり食べよう!
  脳卒中・心筋梗塞の原因は血液ドロドロだ。それには血液や血管によい納豆を食べる。魚には血栓を予防するE  PA,DHAを含み、善玉コレステロールを増やす。野菜;人参、セロリ、パセリをたくさん食べて血液凝固を防ぐ  ピラサンを摂る必要がある。野菜と魚は1対1の割合で摂るのが理想だそうです。
3.水分をたくさん摂って毒を排泄しよう。
  多くの加工食品には添加物や残留農薬が含まれています。知らずにそれらを摂取していることがある。それら
  を排泄するには1日の食物中の水分に加え、4~5杯(約1ℓ)の水を取る必要がある。。
4.運動で不眠・ストレスの予防・解消しよう。
  朝の散歩や適度な運動を習慣にしよう。筋力を維持・アップし、からだの柔軟性を維持しよう。不眠は気にし
  ない。運動で免疫力をつけ、ガンや感染症を予防しよう。

スポンサーサイト
[ 2012年12月27日 17:32 ] 若さと健康を保つ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

B horse

Author:B horse
194x年生まれ 男性 B型 大阪府生まれ 33歳から健康を意識 ジョギングブームからジョギングを始める 難波高島屋屋上のヘルスクラブに通う
 運動に関心  ランニングクラブ入会(昔青年走ろう会長居、他) 医学博士Ph.D 診療情報管理士 ジョギング歴25年、ウオーキング歴13年~、フルマラソン完走1回(3時間38分)、趣味;写真、パソコン、英会話 菜園作り(趣味と実益)早起き 地域貢献(老人会会長)

最新トラックバック
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
天気予報

-天気予報コム- -FC2-


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。