健康と食事

熟年世代を対象に健康増進の輪を広めたい。楽しい生活の要は食事とその内容・量です。
健康と食事 TOP  >  スポンサー広告 >  知的食事のススメ >  赤飯をもっと食べましょう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

赤飯をもっと食べましょう!

                                   2013.3.2
   赤飯はパーフェクトな食事だった。

 赤飯は白米ご飯の不足するアミノ酸を小豆とごまで補う安全食だった。江戸時代の人は赤飯を食べて、健康で若々しく生きていた。これは経験から生まれた生活の知恵と言える。
 お米には他の植物に比べ蛋白質が多く含まれている。肉を食べない江戸時代の人は、米からタンパク質・アミノ酸を摂取していたのだ。
 その証拠に、昔からの伝統食の1つ赤飯に、理想的なバランスで必須アミノ酸が含まれていたことがわかった。
 お米(必須アミノ酸のバランススコアが65と高い)には、パンの小麦粉(44と低い)などよりアミノ酸が全体的に多く含まれているが、リジン、トリプトファン、メチオニンという3つのアミノ酸が欠乏していた。しかし、「あずき」にはリジン、メチオニンが多く、「ごま」にはトリプトファン、メチオニンが多く含まれていた。つまり、赤飯はコメの不足するアミノ酸を補ってくれる理想食ということがわかった。
 なお、私たちの体は20種のアミノ酸からできるタンパク質でできている。そのうち体の中で作ることができるアミノ酸は11種、残りの9種(必須アミノ酸)は食べ物から取らなければなりません。牛などの哺乳類の肉は人に近いアミノ酸比率なのでバランスの良いアミノ酸を含むと言える。
もっと赤飯を食べましょう。わたくし家では家内が赤飯好きで、お祝いごとがなかっても、自分が食べたい時には赤飯をよく炊きます。

参考:「体が若くなる技術 ミトコンドリアを増やして健康になる 大田成男著 サンマーク出版 2011.2発行

スポンサーサイト
[ 2013年03月02日 14:22 ] 知的食事のススメ | TB(0) | CM(2)
小豆の栄養
小豆を入れると良いと聞いていましたが良く解りました。我が家の赤飯作る時は祝い事の日にもち米を漬けて蒸しますが最近御宅のブログを拝見してから玄米に小豆を入れて炊いて食べています。以前玄米ご飯を焚く時に小豆を入れて焚くと良いと聞いたので今回も入れています。主人は田舎が百姓なのでお米が沢山有り玄米は美味しくないので食べられないと言って食べてくれません(笑)私は100gごとに分けて冷凍にして頂いていますが中々減量は出来ません(笑)
[ 2013/03/02 19:02 ] [ 編集 ]
赤飯にごまで完全 私も初めて知りました。
玄米は体にいいので食べたいのですが、なかなか家内は美味しくないと言って たいてくれません。
[ 2013/03/02 20:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

B horse

Author:B horse
194x年生まれ 男性 B型 大阪府生まれ 33歳から健康を意識 ジョギングブームからジョギングを始める 難波高島屋屋上のヘルスクラブに通う
 運動に関心  ランニングクラブ入会(昔青年走ろう会長居、他) 医学博士Ph.D 診療情報管理士 ジョギング歴25年、ウオーキング歴13年~、フルマラソン完走1回(3時間38分)、趣味;写真、パソコン、英会話 菜園作り(趣味と実益)早起き 地域貢献(老人会会長)

最新トラックバック
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
天気予報

-天気予報コム- -FC2-


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。