健康と食事

熟年世代を対象に健康増進の輪を広めたい。楽しい生活の要は食事とその内容・量です。
健康と食事 TOP  >  スポンサー広告 >  知的食事のススメ >  栄養はどう摂るか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

栄養はどう摂るか?

                                    2013.3.8
  栄養素をどのように摂れば良いのか?  

 6大栄養素がどんな食べ物にあり、どのように摂れば良いのか考えよう。必要な量は年齢、活動・運動量、体重など人によって違います。ここでは成人女性をターゲットに示す。

 1.炭水化物(糖質):1日に取るべきエネルギー量の割合は、炭水化物から60%(約300g)がベストである。他の栄養素、蛋白質15%、脂質15%、その他から10%がベストである。ご飯、パンなどの穀物、イモ、豆などのデンプン質を摂る。

 2.タンパク質:体重1kg当たり1g、体重50kgの人で50gが目安です。
    肉、魚、牛乳、チーズ、大豆などから良質なタンパク質を摂りましょう。

 3.脂質:1日に40~50gが必要です。摂り過ぎは肥満の元、少ないと「若さ」を失う。
    動物性脂肪と植物性脂肪と魚類の脂肪を、4:5:1の割合がベストの目安です。

 4.ビタミン:毎日、いろいろの食材を摂ること、油や水に溶けやすいので、出来るだけ新鮮な食材を取るように心がける。ビタミンを多く含む緑黄色野菜類を油を使って吸収しやすくして摂る。

 5.ミネラル:海藻や魚などに沢山含まれています。ファーストフードや加工食品の過食はミネラル不足に、またナトリウム(塩分)やリンの摂り過ぎの原因になります。

 6.食物繊維:水溶性と脂溶性があり。果物や海藻などから摂りましょう。

  1日に必要な栄養素の種類とどのような食品に多いか、およその必要量を知っておきましょう。

参考:老いない食べかた ―本物の元気をつくるポジティブエイジングー 若山祥夫著
     幻冬舎 2009.1 発行
スポンサーサイト
[ 2013年03月08日 05:32 ] 知的食事のススメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

B horse

Author:B horse
194x年生まれ 男性 B型 大阪府生まれ 33歳から健康を意識 ジョギングブームからジョギングを始める 難波高島屋屋上のヘルスクラブに通う
 運動に関心  ランニングクラブ入会(昔青年走ろう会長居、他) 医学博士Ph.D 診療情報管理士 ジョギング歴25年、ウオーキング歴13年~、フルマラソン完走1回(3時間38分)、趣味;写真、パソコン、英会話 菜園作り(趣味と実益)早起き 地域貢献(老人会会長)

最新トラックバック
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
天気予報

-天気予報コム- -FC2-


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。