健康と食事

熟年世代を対象に健康増進の輪を広めたい。楽しい生活の要は食事とその内容・量です。
健康と食事 TOP  >  スポンサー広告 >  有名人の生活習慣 >  日野原先生の10の良い習慣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日野原先生の10の良い習慣

日野原先生が実践する10の生活習慣 1
私の人生〝はクレッシェンド″、年を重ねるにつれますます充実しています、とおっしゃる日野原先生が日々気
をつけている次の10の「よい習慣」をご紹介します。

1.少食
 日野原先生の90歳代からの1日の食事の摂取量は1300Kcal。朝食は3種類の飲み物、昼食は牛乳とビスケッ
ト。 夕食は野菜たっぷりの食事。食べ過ぎに注意を払います。

2. 植物油をとる
  毎朝、ジュースに植物油を大さじ1杯入れて飲みます。肌のハリを保つそうです。オリーブ油、またはその他の やし油以外の植物油ならなんでも結構です。また、温かいミルクに大豆製剤のレシチンを。細胞を若々しく保つ そうです。

 3. 階段は一段飛びで.
  仕事に忙しく、運動不足になりがちな先生は、病院や駅、空港で必ず階段を使います。しかも、なるべく一段
飛びで。勢いあまって、目指す階を通り過ぎてしまうこともあります。

4.速歩
空港などでは、動く歩道には決して乗らず、動く歩道を歩く人よりも速く歩くように心がけます。背筋は伸ば
し、足取りもしっかり、軽く歩きます。

5.いつも笑顔を
人の顔には笑顔をつくるための36本の表情筋があります。年とともに「への字」になりがちな口元を常に鍛え
て、素敵な笑顔でいる練習をします。

  参考:新 生きかた上手 日野原重明 著 発行:ユーリーグ
スポンサーサイト
[ 2012年12月29日 15:24 ] 有名人の生活習慣 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

B horse

Author:B horse
194x年生まれ 男性 B型 大阪府生まれ 33歳から健康を意識 ジョギングブームからジョギングを始める 難波高島屋屋上のヘルスクラブに通う
 運動に関心  ランニングクラブ入会(昔青年走ろう会長居、他) 医学博士Ph.D 診療情報管理士 ジョギング歴25年、ウオーキング歴13年~、フルマラソン完走1回(3時間38分)、趣味;写真、パソコン、英会話 菜園作り(趣味と実益)早起き 地域貢献(老人会会長)

最新トラックバック
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
天気予報

-天気予報コム- -FC2-


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。