健康と食事

熟年世代を対象に健康増進の輪を広めたい。楽しい生活の要は食事とその内容・量です。
健康と食事 TOP  >  スポンサー広告 >  有名人の生活習慣 >  細川護煕元総理の食事に学ぶ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

細川護煕元総理の食事に学ぶ

油と塩にこだわんリ 食  元首相:細川 護熙74歳

1日2食にしたのは、ここ5年くらいだろうか。私の体には合っているようで、体調はすこぶるよい。妻や娘たちから、自分だけ「百五十歳まで生きるつもりではないか」と言われたりしている。
 毎日、1食目は午前11時頃となる。食べるのは蕎麦が多い。
蕎麦(体に良い食物)のほかに野菜サラダで、ドレッシングも自分で作る。ドレッシングは、レモンまたはスダチ酢が2、醤油が1、亜麻仁油が1、オリーブオイル(体に良い食物)が1の割合でまぜて、塩を少し加えたものだ。
 油にはこだわりをもっていて、亜麻仁油か、産地のわかるオリーブオイルしかとらないようにしている。たまに外食をする時に、最も警戒するのも油だ。知らない店ではどんな油を使っているかわからないので、旅行する時は、ドレッシングも持って行く。亜麻仁油は、意識してとるようにしており、自家製の野菜ジュースに大さじ2杯ほど入れて飲むこともある。
塩もパタゴニアの塩など、自分の好きな塩を、自宅には常に5、6種類そろえている。
「マイソルト」を持ち歩くこともある。
 2食目をとるのは、午後5時時頃。内容は玄米(体に良い食物)とおかずで、オカズは目刺しの時もあれば、太刀魚の開きになる時もある。基本的に、オメガ3(体に良い食物)という油が多く含まれている青魚(体に良い食物)。これも、私なりの油へのこだわりだ。
 かなりストイックな内容に見えるかもしれないが、これで十分で、お腹がすくこともない。たまに小腹がすいた時には、手のひらにのるくらいの大きさの芋を、トースターで焼いて食べている。
 こうした食生活で満足しているので、「最後の晩餐に何を食べたいか」と聞かれても、とりたてて何も思い浮かばない。ステーキとかトンカツとか、特別な何かを食べたいという欲望がないのだ。
 最後の食事も今の生活の延長であればいいし、そこにうまい蕎麦でもあれば満足だ。
薬味には、美味しいゴマ、それから、身のしっかり詰まった厚い焼き海苔があれば、それで十分。
 強いて言うなら、そこにうまい天ぷらが添えられていたらうれしい。好きな天ぷらは海老、穴子。いい油であげた天ぷらを自分の好きな塩とゴマ(体に良い食物)で食べながら、おいしい蕎麦をすすれたら、それが私の理想の最後の晩餐である。
                                   (元首相)3-23花Welcome Scan

参考:読売新聞 2012.6.17 朝刊 味な話 より
スポンサーサイト
[ 2013年03月23日 14:40 ] 有名人の生活習慣 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

B horse

Author:B horse
194x年生まれ 男性 B型 大阪府生まれ 33歳から健康を意識 ジョギングブームからジョギングを始める 難波高島屋屋上のヘルスクラブに通う
 運動に関心  ランニングクラブ入会(昔青年走ろう会長居、他) 医学博士Ph.D 診療情報管理士 ジョギング歴25年、ウオーキング歴13年~、フルマラソン完走1回(3時間38分)、趣味;写真、パソコン、英会話 菜園作り(趣味と実益)早起き 地域貢献(老人会会長)

最新トラックバック
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
天気予報

-天気予報コム- -FC2-


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。