健康と食事

熟年世代を対象に健康増進の輪を広めたい。楽しい生活の要は食事とその内容・量です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

;">>「老いを愉しむ、快老術」 その1.
斎藤茂太 精神科医 エッセイスト

 人間は誰も年を取り、少なからず痴呆が起こってくるものです。しかし、ものの見方を変えて、少し努力することで、これを先へ延ばすことはできるのです。脳・頭も使わなければ衰える、何より好奇心を持って、明るく過ごすことを心がけましょう。愉しみながら年を取るようになれるのです。そのためのヒントを考えてみましょう。川柳:「学ぶこと 忘れなければ ボケ知らず」東久留米市小野寺吉平 作
     月刊 「シルバー人材センター」高齢社会を生きる より

1. 好奇心が痴呆を防いでくれる
 人間は、年と伴に脳の細胞が減ってくると言われており、痴呆状態になるのはある程度仕方がないことです。しかし、その時期を先に延ばすことは可能です。そのために一番大事なことは、好奇心を持つことだと思います。とにかく好奇心は失わないことが大事です。
 好奇心は、人間には本能的なものです。たとえば、その昔、蒙古族がアメリカ大陸に渡り、南米の南まで到達した。シベリアからベーリング海峡を渡ってアメリカ大陸に渡る、つまり、移動すること。移動とは、今でいうと旅ということでしょう。ですから旅の原点には、やはり好奇心であると思います。旅も人間の本能だといっていいでしょう。
 大いに、旅行を楽しみましょう!
 そして、こうした好奇心を発揮するためには、健康で、体がしっかりしていなければなりません。90歳台だった日野原先生は駅の階段を2段とびで上がる。と自慢げに言っておられた。若々しさの原点は、何でもおもしろおかしく表現する、その精神にあると思いました。

2. 毎日を明るく生きる
 孤独ではいけないと思います。ラリーマンを退職した方が、どんなふうに暮らしたらいいかの研究でわかったこと。退職後、うつ病、痴呆症にもならず、趣味豊かにボランティア活動などを行って、非常に明るく暮らしている方と、その反対に毎日が暗い方について、現職時代にどういう生活をしてきたかを調べ、次のような結果が出たんです。
 前者は、お友達が多く、社交型で、前向きであったこと。さらに大事なことは、趣味があることです。仕事が趣味だと言う人は、定年を過ぎたらおしまいで、ダメです。
 お友達が多いということも大切です。特に、趣味の仲間が一番いいのです。できるだけ多くのお友達を見つけてください。嫌な人もいるかもしれません、これは我慢して、その人のよいところだけを吸収する、そう考えてみてください。
 かつてこんな実験がありました。人嫌いを自認する学生を集めて、ある部屋に閉じ込めて、最小限の照明と、トイレの設備、それから食事と飲み物だけを与え、いよいよ困ったときに非常ボタンを押すと外に出られるという実験です。
我慢できなくなってボタンを押して外へ出てきた人は、まず最初に、「人と話したい」というんです。人間は、やっぱり孤独では暮らせない生き物だといっていいと思います。

 それから、何ごとにも感動する人できる人はいいんです。お天気に、お食事にと、何にでも感動することが大事です。たとえば、まずいお酒や食事でも、「おいしい、うまい」と心の中で叫ぶと、不思議とおいしくなってくるんです。
それで私は、辛いこと、悲しいことがあっても、なるべくニコニコしていなさいといいます。一つ笑うと、一つ若がえる、「一笑一若」ということを提唱しているんです。
 アメリカの心理学者がこういっています。「人間は、嬉しいから笑う、悲しいから涙を流すだけではなく、一部には笑うから楽しくなったり、涙を流すから悲しくなったりもするのだ」と。これは一つの真理だと思います。ですから、私もそれを実践しているのですが、笑うと不思議なことに悲しみが少し消えるんです。
;">「一笑一若」span>の逆の言葉は「一怒一老」です。怒れば怒るほど年を取る。怒ってばかりいる人がいますね。でも、そういう方は、実際の年齢よりも老けて見えます。実際の年齢より若返る、若く見えるためには、できるだけ表情を豊かにして、笑顔を見せる、何でもよい方に、前向きに解釈するということが大切だと思います。

参考: 精神科斉藤病院 元名誉院長 斎藤茂太 精神科医 エッセイスト 
講話集「いのちを見つめて」解説書 品川恵保 発行人 ユーキャン発行
 


スポンサーサイト
[ 2013年04月12日 05:29 ] 食事例 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

B horse

Author:B horse
194x年生まれ 男性 B型 大阪府生まれ 33歳から健康を意識 ジョギングブームからジョギングを始める 難波高島屋屋上のヘルスクラブに通う
 運動に関心  ランニングクラブ入会(昔青年走ろう会長居、他) 医学博士Ph.D 診療情報管理士 ジョギング歴25年、ウオーキング歴13年~、フルマラソン完走1回(3時間38分)、趣味;写真、パソコン、英会話 菜園作り(趣味と実益)早起き 地域貢献(老人会会長)

最新トラックバック
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
天気予報

-天気予報コム- -FC2-


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。