健康と食事

熟年世代を対象に健康増進の輪を広めたい。楽しい生活の要は食事とその内容・量です。
健康と食事 TOP  >  スポンサー広告 >  有名人の生活習慣 >  南雲流 若返りとがん予防 法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

南雲流 若返りとがん予防 法

                              2013.4.13
1日1食で
若返りとがん予防が可能


これが南雲先生の実践による結論という。皆様もお試しあれ!!!
1日1食生活 10年(46歳から56歳)続けていて、南雲流若返り法
 健康状態はすこぶる良好、体重も62kgを維持している。という。
何よりも肌が若々しくなった。
人間ドックで血管年齢が26歳(実年齢が56歳)といわれるまで若返った。
1日1食生活の内容は、
朝起きて食欲がなければガムか、ゴボウ茶のみで良い。カフェインを含むお茶やコーヒーはいけない。空腹で我慢できなければ、クッキーかジュースはとってもよい。
お昼は食べない習慣としてください。お腹がグーッと鳴ったら食べても良い。昼休みは音楽を聴く、本を読む、ブログを書くなどで過ごす。原則昼食は抜きましょう。
病院の仕事がなければ6時に帰宅、入浴、夕食を終えると自然にボーット眠くなり、ベッドに入ると、すぐ寝るのが一番です。眠る。「食べたらすぐ寝ても良い」、これが自然のリズムだ。  
健康には「早寝早起き」そして、「空腹」「完全栄養」「睡眠」の3つが大事だ。
 「空腹」は長寿遺伝子をオンにし、働かせてくれるそうだ。先生は日本中を講演で回るので外食が多い。日頃、このような質素な食事だ。
寝るのは夜10時、起きるのは朝4時と決めている。毎日規則正しい生活をしている。
「完全栄養」には、日頃、是非玄米を、根菜類などの具沢山の味噌汁、おひたし、一夜干しの魚、または納豆とする。
 「睡眠」は健康と若返り効果をもたらしてくれる。特に、夜10時から午前2時まで、若返りホルモンが分泌されるゴールデン・タイムなので、この間は是非眠ってください。
 詳細は下記の本をご覧下さい。

参考:空腹が人を健康にする「1日1食で20歳若返る」 南雲吉則著 サンマーク出版
 2012.3発行
スポンサーサイト
[ 2013年04月13日 18:55 ] 有名人の生活習慣 | TB(0) | CM(1)
南雲先生
先日テレビを見て知りビックリ致しました。やはり私は食べ過ぎと思いますが?お腹すくと我慢をするのが大変です(笑)体重オーバーな私は少し考えないと駄目ですね!
[ 2013/04/13 20:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

B horse

Author:B horse
194x年生まれ 男性 B型 大阪府生まれ 33歳から健康を意識 ジョギングブームからジョギングを始める 難波高島屋屋上のヘルスクラブに通う
 運動に関心  ランニングクラブ入会(昔青年走ろう会長居、他) 医学博士Ph.D 診療情報管理士 ジョギング歴25年、ウオーキング歴13年~、フルマラソン完走1回(3時間38分)、趣味;写真、パソコン、英会話 菜園作り(趣味と実益)早起き 地域貢献(老人会会長)

最新トラックバック
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
天気予報

-天気予報コム- -FC2-


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。