健康と食事

熟年世代を対象に健康増進の輪を広めたい。楽しい生活の要は食事とその内容・量です。
健康と食事 TOP  >  スポンサー広告 >  知的食事のススメ >  老化予防の食生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

老化予防の食生活

食生活を大切に! そしてひと工夫を!
それが 老化防止、癌予防、ひいてはボケ予防に<
/strong>!


バランスのとれた食生活が一番
 魚の脂にはエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)などの良い脂肪成分が含まれ、動脈硬化を防止するとのこと。一時、ある特定の食品・成分が健康によいとテレビで報道されると、それらがすぐ 売り切れ、品切れ騒ぎもありました。
 しかし、食物・食品にはいい面とよくない面、適量があります。例えば、ホウレンソウはカルシウムやカロテンが豊富で、栄養豊かな緑黄色野菜ですが、反面、尿路結石のもとになるシュウ酸を多い欠点があります。
これだけ食べていればすべてOKなどという食べ物など、ありません。
 多くの種類の食物・食品を少量ずつ摂る。これが健康のために最もよい食事法です。1~7日の間に、タンパク質、脂肪、炭水化物、ビタミン、ミネラルの5大栄養素と食物繊維、水を適量・バランス良く摂取することを理想目標に、体調・元気さ、体重を良好な状態を維持できるよい食生活を、そして適度な運動、よい睡眠にも心がけて欲しい。

老化防止、ボケ防止に役立つビタミン
 血管や脳細胞を傷つけ、老化を速める悪役の成分、活性酸素があります。この老化、発がんに関与する活性酸素を消去してくれるのが、ビタミンC・Eです。年ともに、体内に発生する活性酸素を除去する働きは歳と共に衰えていきます。40~50歳以降は特に抗酸化物質ビタミンCとEを含む野菜や果物、小麦胚芽などを積極的に多く摂取することに努めましょう。また、ビタミンA、ビタミンBl、ビタミンB1も、ガンや老化の予防に役立ちますから、緑黄色野菜や豚肉、卵、胚芽米などを積極的かつ多い目に食べてほしいものです。
 また、年をとると食事の量も減ってきます。さらに、摂取したビタミンの吸収率や利用率も悪くなるそうです。ですから、1日に必要な量よりも少し多めに摂取するとよいでしょう。また、カルシウムなどのミネラルも、若い人より多めにとっておくことをおすすめします。
高齢になれば、医師・栄養士に相談して、ビタミン剤を適度に利用して、上記のようなビタミン類を適切に補給しておくのも、老化防止、ボケ防止に良いでしょう。

参考 ボケを防ぐ生活術 橋爪孝次著 フローラル出版
スポンサーサイト
[ 2013年04月25日 20:18 ] 知的食事のススメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

B horse

Author:B horse
194x年生まれ 男性 B型 大阪府生まれ 33歳から健康を意識 ジョギングブームからジョギングを始める 難波高島屋屋上のヘルスクラブに通う
 運動に関心  ランニングクラブ入会(昔青年走ろう会長居、他) 医学博士Ph.D 診療情報管理士 ジョギング歴25年、ウオーキング歴13年~、フルマラソン完走1回(3時間38分)、趣味;写真、パソコン、英会話 菜園作り(趣味と実益)早起き 地域貢献(老人会会長)

最新トラックバック
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
天気予報

-天気予報コム- -FC2-


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。