健康と食事

熟年世代を対象に健康増進の輪を広めたい。楽しい生活の要は食事とその内容・量です。
健康と食事 TOP  >  食品と栄養

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バナナの栄養と健康効果

                              バナナ考1  2-28H25
    バナナの栄養と健康効果
                           
   バナナはすごい食べ物ってご存知?

バナナの栄養成分と健康効果
バナナの豊富な栄養は、生活習慣病などを予防し、身体を健康に保つ効果が大です。
 
1.ぶどう糖、蔗糖、果糖などの糖質が豊富

 2.高血圧の予防・改善効果(塩分を下げて)のあるカリウムを十分含み

 3.  善玉のビフィズス菌を増やし、腸内環境を整えるオリゴ糖が便秘や下痢の解消

 4.  食欲抑制に働き、うつ病を予防するセロトニンの原料となるトリプトファン、ビタミンB6、マグネシウムを含む

 5.食欲を抑制し、消費カロリーをアップさせるヒスタミンの原料となるヒスチジンを含む

 7. ほとんどが不溶性食物繊維を多く含み、便秘の解消効果が抜群だ。

その他、抗酸化力があるポリフェノールを含み、もうひとつの抗酸化物質ビタミンCとの相乗効果で、体内の活性酸素を撃退し、抗がん・抗老化作用が期待できます。さらに、鉄、亜鉛、銅、マンガン、βカロテン、ビタミンEなども含み、ビタミンやミネラルのバランスがよいことが特徴と言えます。

参考資料 バナナ学入門/丸善ライブラリー 五訂食品成分表/女子栄養大学出版 
      からだによく効く食べ物事典/池田書店 より
参考:  http://www.diet-kotu.com/syokuzai/banana.html
[ 2013年02月28日 20:25 ] 食品と栄養 | TB(0) | CM(0)

ブロッコリーを食べよう

ブロッコリーを食べよう
     
野菜の栄養と健康効果 2-17H25
生活習慣病をブロックする
ブロッコリーを
しっかり食べよう


  原産地:地中海沿岸からイタリア・ヨーロッパへ、日本には明治時代に 本格的には1980代から キャベツを改良品種だ。茎・紫ブロッコリーがある。
栄養:ビタミンCが豊富でキャベツの4倍、クロム(糖尿病予防)、カリウム(抗高
血圧)、鉄(貧血予防)、カルシウム(骨強化)、ビタミンK、その他の栄養成分:カロテン、スルファラン。など まさに生活習慣病を防止(ブロック)の王様だ。
  注目の薬効:抗癌作用だ。アブラナ科の野菜の中でもこの作用が強い。
   そのがん予防の成分はスルファランで、抗酸化作用と解毒作用もある。
   その他:11-3月が美味しい時期、カロリーは33Kcal/100g, 保存法は鮮度のお知が
早いのでビニールに入れ冷蔵庫 2日以内が良い。緑の濃いものを。
アメリカなどからの輸入で、周年食べることができ、最近需要が多い。

参考:からだにおいしい 野菜の便利帳 板木利隆著 高橋書店 発行

[ 2013年02月17日 12:38 ] 食品と栄養 | TB(0) | CM(0)

菜の花の栄養と健康効果

菜の花の栄養と健康効果                 2013.2.3
春を実感できる春野菜には、菜の花の他、たらの芽、ふきのとう、ふき、、よもぎ、ゆきのした、根三つ葉、うど、わらび、ぜんまい、つくし、野蒜(のびる)、たけのこ等、たくさんあります。
中でも栄養価の高いと言われる菜の花について調べてみましよう。
もともと菜の花は江戸時代の頃まで主に菜種油を搾るための植物でしたが、明治時代から食用・観賞用にも用いられた。ただし、食用と観賞用の菜の花はそれぞれ品種が分かれているそうです。
菜の花はアブラナ科の栄養価の高い緑黄色野菜です。夏から秋にかけて葉、茎、根に養分を蓄えその養分をもとに冬を乗り切り、さらに早春に芽を出します。蕾にも花を咲かせる養分がいっぱいあるので、この蕾ごと食べる菜の花は栄養満点なのです。
主な栄養素はβカロチン、ビタミンB1・B2・C、鉄、カルシウム、カリウム、食物繊維、等豊富な栄養素をバランスよく含んでいます。菜の花に含まれるビタミンCはほうれん草の約3倍、ニラの約5倍です。ビタミンCは白血球の働きを良くして免疫力を高め、風邪やガンの予防によい。βカロチンはピーマンの約5倍、カルシウムはほうれん草の約3倍、鉄分はニラの約4倍含まれているそうです。
その他にも、わさび・大根等のアブラナ科の野菜に含まれる辛味成分「アリルイソチオシアネート」が含有され、発ガン性物質の働きを阻止して、ガン予防・血栓防止にも有効です。
 この豊富な栄養素を生かすには、調理の際、次の注意が必要です。あまり茹ですぎないことが大事で、独特の苦味・香り・食感も損なわれます。さっと茹でて、和え物やお浸し、サラダ等にするとよい。

 春先に出回る菜の花のような春野菜は四季の中でも一番栄養価が高く、季節も感じることができる とっておきの野菜です。春の香りを堪能しながら栄養価の高い菜の花をたっぷりと摂りましょう。

参考資料:http://blog.goo.ne.jp/longfinanthias/e/80b9818a9c9a1754e7b9b921ce30da86
[ 2013年02月03日 09:54 ] 食品と栄養 | TB(0) | CM(2)

黒酢と健康効果

黒酢と健康効果
黒酢の効用
・黒酢にはアミノ酸をはじめ、ビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富だ。そのため、健康と美容への効果も期待できる。私もここ10年以上愛飲しています。黒酢の効果・効能を考える。
・ダイエット効果:黒酢のアミノ酸は普通の食酢の約20倍多く、種類もバランス良く約20種と多い。なかでも分岐鎖アミノ酸のバリン・ロイシン・イソロイシンは、脂肪分解酵素リパーゼを活性化する作用がある。また、基礎代謝の向上効果のある20種のアミノ酸を補うことで、痩せやすく、太りにくい体を作ると言われている。
血圧降下効果:黒酢中のアミノ酸には、2~10個結合したオリゴペプチド物質を含み、それらの血圧調整作用により、高血圧を予防し、生活習慣病の原因を取り除いてくれる効果が期待できる。そのメカニズムは、腎臓から分泌され血圧上昇作用のあるアンジオテンシン変換酵素を阻害する作用があることで、血圧の上昇を防ぐことが期待できる。
疲労回復効果:人間は体内でブドウ糖からエネルギーを作る過程で、酸素が不足すると、エネルギーが少なく『乳酸』ができる。加齢やストレスなどによって代謝機能が低下すると乳酸が筋肉や肝臓に残留し、疲労、だるさそして筋肉痛のもとになってしまいます。黒酢に含まれるクエン酸は、この疲労物質である乳酸をエネルギーに変えるはたらきがあり、疲労を解消することができます。
血液サラサラ効果:血液中の中性脂肪やコレステロール値が高いと、血液がドロドロになりやすい傾向にあります。ドロドロ血液は血液の流れが悪く、血管壁を傷つけて、やがて血管壁の肥厚、血管の内腔が狭くなり動脈硬化に発展する可能性があります。
そこで、黒酢のアミノ酸やクエン酸などの有機酸は、血液循環を改善する作用があり、血液をサラサラにすることが期待できます。また、中性脂肪値やコレステロール値そのものを下げる効果もあるため、動脈硬化リスクの軽減に役立ちます。
美肌効果:黒酢に多いアミノ酸は、肌や髪のたんぱく質の主成分となる。アミノ酸を十分に補えば、肌や髪の傷みが回復され、ハリ・ツヤのある滑かな肌と髪を保持することができます。また、アミノ酸により新陳代謝が活発になり、肌の皮下組織の再生も促進される。        表面の古い角質層がはがれ、その下の新しい角質に生まれ変わるので、しわやたるみ、シミ、くすみなどの老化サインを予防してくれることができます。
[ 2013年01月30日 18:56 ] 食品と栄養 | TB(0) | CM(1)

ナッツと栄養 1


私の愛用するナッツと栄養 1 効能

 

 

 老化やがんの原因を抑える抗酸化作用

 不飽和脂肪酸オレイン酸・リノール酸が血管の若さ維持を、ビタミンEが肌の若さを保つ成分を多く含んでいます。アーモンド、カッシュナッツ、ピーナツの脂質の半分以上が血中コレステロールを下げるとされるオレイン酸で、ビタミンEも血管をしなやかにし動脈硬化を予防する。ナッツには血液をサラサラにするリノール酸も豊富なので血管病予防効果が期待できる。

 抗酸化作用のあるビタミンEはガンの予防効果や血行促進し冷え性・肩こりの予防に、ビタミンB1が疲労予防・スタミナ補強に、また特にピーナツ、ひまわりの種に多いナイアシンは血行をよくし若さを保ってくれる。

私なりにナッツと栄養を活用してクウォリティオブライフの向上に努めていきたい

カロリーが多いので食べすぎには十分注意しないといけません。



  ナッツと栄養 1  (100g当り)
 アーモンドカシューナッツクルミ
 (ドライ)(フライ)(ロースト)
エネルギー:kcal598kcal576kcal674kcal
たんぱく質:g18.6g19.8g14.6g
脂質:g54.2g46.7g68.8g
炭水化物:g19.7g26.7g11.7g
カリウム:mg770mg590mg540mg
カルシウム:mg230mg38mg85mg
マグネシウム:mg310mg240mg150mg
リン:mg500mg490mg280mg
ビタミンE:mg32.1mg6.6mg27.5mg
   



[ 2013年01月25日 09:02 ] 食品と栄養 | TB(0) | CM(1)
プロフィール

B horse

Author:B horse
194x年生まれ 男性 B型 大阪府生まれ 33歳から健康を意識 ジョギングブームからジョギングを始める 難波高島屋屋上のヘルスクラブに通う
 運動に関心  ランニングクラブ入会(昔青年走ろう会長居、他) 医学博士Ph.D 診療情報管理士 ジョギング歴25年、ウオーキング歴13年~、フルマラソン完走1回(3時間38分)、趣味;写真、パソコン、英会話 菜園作り(趣味と実益)早起き 地域貢献(老人会会長)

最新トラックバック
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
天気予報

-天気予報コム- -FC2-


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。